読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

如月日記

二月に始めるから如月日記

深夜枠

 春休みの宿題みたいな、課題ではないけど課題みたいな、自分の卒論を今一度推敲してリニューアルするという地獄みたいな作業をやっていた。

 何が嫌かって、自分の書いた気に入ってない文章を読み直すことほど苦痛なものはない。

 自分の書いたことで例えばtwitterのTLで誰かをクスッとさせることはたまにはできるかもしれない。しかし論文やレポートはそれ用の文章ではない。我が論文やレポートの文章力、非常にださいので困っている。「おまえ五年も大学居てて何学んできたの」と方々から非難轟々を覚悟するようなへなちょこな論証しかできないのでこれは「笑止千万」ていうやつだろう。

 つらい

 さらにクソ野郎なことには、既に教授へ送る筈の締め切りを過ぎている。

私「もう三月?」

締切(二月末)「さようなら」

私「教授、ごめんなさい」

四月「もうすぐ会いにいくよ」

 あとひと月で労働者になるなんて信じられない。私は高等遊民になりたい。

台北旅行記 その3 烏龍茶と茶器

 予定のない土曜日の午後、居間で寛いで読書にも飽きてきたら、とっておきのワインを開けて昼間から飲酒する背徳を味わいたい。

 という思い付きの白昼飲酒妄想を恥ずかしげもなく披露したら友人Sが苦笑いしてた。私だって苦笑する。昼間からのエチル・アルコールに対して過度に非日常的期待を抱いてはいないし、そもそも家にとっておきのワインはない。

 ワインを干すかわりに私はよくお茶を飲む。お茶は好き。一人分だけ淹れて一人で飲むミルクティの癒しの効果を知った時から、何かしらのお茶のストックを切らしていない。

 

 台北でも自分土産のお茶をざっくり購入した。

 烏龍茶と一口に言えどもその種類はいろいろあるらしい。なんかステキなお茶の葉のお店でたくさん試飲をいただいて、〈東方美人茶〉と〈凍頂烏龍〉の二種を選んだ。香りが良くて多幸感に包まれる。

 茶器も購入。一人用の、蓋付き茶漉し付きのマグカップ的なカップで、青地に赤い花がかわいい。

 家族用にかわいい急須が欲しいなあとも思ったのだけど、台湾の急須と湯呑みはとてもちっちゃくて、徳利と猪口くらいのサイズ感であった。趣味で欲しい感じはしたけれど、実用的ではないのであった。

 ともあれ青のカップはかわいい。生活に癒しが増えたみたいで心洗われる。

 

台北旅行記 その2 九份

 台北二日目には台湾の山のほう? にあるという九份を訪れた。

 ツアーガイドのお兄さんに「行きは良いとして、帰りはまともな路線バスも流しのタクシーもないので帰ってこられませんヨ」と忠告されたので、大人しくオプションツアーを追加で申し込みツアーバスの席を確保する。九份に行きたい御仁は気をつけたほうがいいと思います。

 九份は山間の歓楽街、基本的に常に雨、との前情報に備えて折り傘を持って行ったのだけれど、我々の滞在中は運が良く雨が止んでいた。直前までの雨でつやつやと濡れて街の明かりを乱反射する地面と、テーマパーク並みに混雑する人の波に半ば朦朧としながら、「この中で誰もが傘を差したらなんぼか刺さって痛かろうなあ」と考えていた。夜の九份は(主に日本語を話す)人で溢れかえっていた。

 ツアーバスの中でのガイドお姉さん曰く、「九份、お茶、大切。九份に来てお茶飲まずに帰る、これ九份に来たことにならない。阿妹茶楼でお茶飲みましょう」とのことだった。しかしツアーで与えられた行動時間ではゆっくりとお茶屋さんで烏龍茶を嗜む時間はなかった。残念、我々は九份に来たことにならなかったっぽい。解せない。

 座ってお茶する時間はなかったが、買い物と夜景を心から楽しんだ。

 花文字を描く職人さんに双囍のかわいい字を描いてもらった。姉へのお土産にお茶のパックを買った。『千と千尋の神隠し』の監督が発想を得たという街並みを堪能し、カオナシの雰囲気のある変なお面も見た。

 夜の九份、赤い提灯と坂と階段、人混み、霞に煙る夜景、かなり良かったです。また台湾に来ることがあったとしてももう一度行きたい。

f:id:lily-magnolia:20170226103917j:image

f:id:lily-magnolia:20170226103948j:image

 

 

台北旅行記 その1 食べたもの編

 友人Sと二人で台北へ行ってきた。

 修学旅行で訪れて以来の二度目の台湾、残念ながらその修学旅行でなぜか少しも楽しめなかった台湾、なんか無闇にたらふく食べさせられた挙句あんまり面白くない思い出ばかりが記憶に残っている台湾に、リベンジ旅行に行って参った。

 今回のこの卒業旅行は、打って変わってとても充実して楽しかったのでとても良かった。これは旅行記の備忘録である。

 まずは食べたものから。

 

 3泊4日の間に食べたもの

初日

機内食、鼎泰豊の小籠包と炒飯と湯葉入りほうれん草のおいしいやつ、マンゴーのミルクかき氷

二日目

ホテルの朝食、ラズベリージェラート、安くておいしい豚丼みたいなやつ、辛くない火鍋、タピオカ入りのジャスミン茶

三日目

朝食、トマト牛肉の刀削麺、夜市で食べ歩いた肉まん、飲む杏仁、棒付き寒天ゼリー、おまけして沢山くれたフルーツ、大蒜の効いた唐揚げ

最終日

朝食、鶏肉と野菜の丼、マンゴーフラペチーノ、機内食

 

 誇張なく、まじで何食べても美味しかった。

 本場もんのマンゴーは勿論、生の果物はいずれも濃くてフレッシュで。肉類は独特の香辛料が効いていて味がしっかりしていた。煮込んでやわくなった牛肉の解けるような旨味が忘れられない。何より野菜が美味しかった。菜っ葉がきれいな青で、そこが小汚い大衆食堂であっても引きも切らない人気店であっても、新しい良いものを食べている感が半端なかった。

 それから、ちょいちょい登場する湯葉が個人的に超ヒットだった。湯葉、豪快、美味すぎる。豆腐のある国に湯葉あり、ということなのかは知らないけれど、嵐山とかでちまちま食べる湯葉より格段に美味しかった気がする、たぶん。

 夜市で食べ歩いたのが良い気分だった。我々の時の修学旅行は夜市はおろか自由行動そのものがなかったので憧れが募りに募っていたのもある。賑やかでお祭り騒ぎで、人いきれに食べ物の匂いと電飾の煌々とした色と足の疲れの気だるさが混ざって、非現実的な旅行者気分を味わった。もちろん確かに旅行者だった。

f:id:lily-magnolia:20170225144248j:image

元彼氏に対する罵倒

 楽しい旅行の最中に元彼氏の人からおかしなLINEがあって、適当に返事しといたらなんだか拗れてしまった。とっくに縁が切れた人の筈なのに何かがおかしい。

 

 別れ話の事始め、私は電話口で彼氏だった人に対して「怖いのでもう無理!」と全身全霊の拒絶文句をかなり一方的に突き付け、言いたいことを言って終わりにしたかった。‬

 しかし幾ら何でもそないな失礼千万で終わるわけにはいかず、翌日にはわざわざ金沢から京都まで出向いて追撃戦に突入した。

 JR京都の改札を抜けるとき、迎撃する彼氏の人に刺されるのではないかと大いに警戒した。そして会談の場となった四条烏丸北西角地のビルにある某大手外資系喫茶店にはもう行きたくない。

 我々の破局交渉は難航を極めたけれど、とにかく私は選び抜いた最高の言葉を以ってして、情理を尽くして舌鋒鋭く相手を拒否した。我々が別れなければならない最大の理由、つまり彼氏の人の気色悪い振る舞いが私にとって如何に恐怖であるかをとくと説明し、なかなか首肯しない相手を宥めすかし、相手が何と思おうとも私の拒絶の意思の固く変わらないことと二度と親密な関係性には戻れないこと戻りたくないことを口上宣言した。

 それほど情理を尽くし言葉を尽くしたというのに、その後それをすっかり忘れてしまって、「サークルの同期として友達でいよう」と常套句として言った台詞だけを抜き出して執着した挙句、今になって「友達だと思ってたのに未練がましいなんて人前で言いふらしてヒドイ」だなんて突然言い出した。元彼氏にあたる人、話が通じないにも程がある。

 執着というのは、その後交わしたLINEのやり取りや二人で映画を見たことなどである。私にとっては「執着されてめんどくせえな」と思っていたそれらの出来事が相手にとっては私からの能動的な接触であり「これからも仲良くしたいなアピール」に見えたのだという、世にも奇妙なすれ違いが生じていたらしい。さしもの私もこれほどまでの意味不明っぷりは理解に苦しむどころの話ではなく、そこはかとない恐怖に震えた。

 私がメールやLINEで意味のない雑談をするのが嫌いな事も自分の意味不明で返答に困る気色悪いメールの濫発が原因の半分で別れた事もどうやら忘れてるし、映画は一人で見たかったのにたまたま会った同期会の日にしつこく食い下がってきたから仕方なく二人で見に言ったということもなんか私が誘ったことにされてるし、ご都合主義に記憶を歪曲忘却捏造改竄しすぎなのではないかしら?‬ なんと言うか、発想がストーカーじみていると感じた。

 別れて半年、一回でも私から連絡した事があった? 無いでしょ? 映画を見て5ヶ月、疑惑の学祭から3ヶ月も経つのに、なぜ今何が不満で突然切れてんの? 精神不安定なの? 神経衰弱なのでは? 就活が辛かったらいくらでも人に迷惑を掛けてもいい法でもあるの? 私が知らないだけで。‬

 一体何をどう解釈したら私がまだ元彼氏に特別な感情を抱いているとなるの? 違います、本当に。思い上がりも甚だしい。ご都合主義及び妄想全開全自動未練製造機の変態、なお且つ客観的に自分が万人の認めるストーカーに成り下がりつつあるのが分からない腐れ阿呆め、その高い高い誇り高いプライド、ゴミみたいに意味ないから砕け散ってしまえ。猛省して誰にも迷惑を掛けることなく自己完結的にくたばればいい。

 こんな事誰にも言うてないし今までかろうじて思った事もなかったけど、何故こんな意味不明な男と付き合ってたのだろうと恥ずかしく思う。己が精神の未完成を恥じる。

 まじでくたばれ、私は本当に怒っている。  

Twitterでは文字数足りないことを書くブログを始める

 Twitterでは文字数が足りないと思うことは多々あるけれども、大学入学を機に始めたtwitter歴はおよそ5年になり、読むに耐え得る文章は140字以内でしか書けなくなっている気もする。

 けれどもまあ、今なんかこう色々あってだらだらっと書いておきたいことができてしまったのでブログに書き置くことにした。なので基本的には「twitterで一人で言っとけよ」的な内容ばかりになります。あと、たまに旅行でもしたら備忘録として書き散らすと思います。リア充みたい。