読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

如月日記

二月に始めるから如月日記

元彼氏に対する罵倒

 楽しい旅行の最中に元彼氏の人からおかしなLINEがあって、適当に返事しといたらなんだか拗れてしまった。とっくに縁が切れた人の筈なのに何かがおかしい。

 

 別れ話の事始め、私は電話口で彼氏だった人に対して「怖いのでもう無理!」と全身全霊の拒絶文句をかなり一方的に突き付け、言いたいことを言って終わりにしたかった。‬

 しかし幾ら何でもそないな失礼千万で終わるわけにはいかず、翌日にはわざわざ金沢から京都まで出向いて追撃戦に突入した。

 JR京都の改札を抜けるとき、迎撃する彼氏の人に刺されるのではないかと大いに警戒した。そして会談の場となった四条烏丸北西角地のビルにある某大手外資系喫茶店にはもう行きたくない。

 我々の破局交渉は難航を極めたけれど、とにかく私は選び抜いた最高の言葉を以ってして、情理を尽くして舌鋒鋭く相手を拒否した。我々が別れなければならない最大の理由、つまり彼氏の人の気色悪い振る舞いが私にとって如何に恐怖であるかをとくと説明し、なかなか首肯しない相手を宥めすかし、相手が何と思おうとも私の拒絶の意思の固く変わらないことと二度と親密な関係性には戻れないこと戻りたくないことを口上宣言した。

 それほど情理を尽くし言葉を尽くしたというのに、その後それをすっかり忘れてしまって、「サークルの同期として友達でいよう」と常套句として言った台詞だけを抜き出して執着した挙句、今になって「友達だと思ってたのに未練がましいなんて人前で言いふらしてヒドイ」だなんて突然言い出した。元彼氏にあたる人、話が通じないにも程がある。

 執着というのは、その後交わしたLINEのやり取りや二人で映画を見たことなどである。私にとっては「執着されてめんどくせえな」と思っていたそれらの出来事が相手にとっては私からの能動的な接触であり「これからも仲良くしたいなアピール」に見えたのだという、世にも奇妙なすれ違いが生じていたらしい。さしもの私もこれほどまでの意味不明っぷりは理解に苦しむどころの話ではなく、そこはかとない恐怖に震えた。

 私がメールやLINEで意味のない雑談をするのが嫌いな事も自分の意味不明で返答に困る気色悪いメールの濫発が原因の半分で別れた事もどうやら忘れてるし、映画は一人で見たかったのにたまたま会った同期会の日にしつこく食い下がってきたから仕方なく二人で見に言ったということもなんか私が誘ったことにされてるし、ご都合主義に記憶を歪曲忘却捏造改竄しすぎなのではないかしら?‬ なんと言うか、発想がストーカーじみていると感じた。

 別れて半年、一回でも私から連絡した事があった? 無いでしょ? 映画を見て5ヶ月、疑惑のNFから3ヶ月も経つのに、なぜ今何が不満で突然切れてんの? 精神不安定なの? 神経衰弱なのでは? 就活が辛かったらいくらでも人に迷惑を掛けてもいい法でもあるの? 私が知らないだけで。‬

 一体何をどう解釈したら私がまだ元彼氏に特別な感情を抱いているとなるの? 違います、本当に。思い上がりも甚だしい。ご都合主義及び妄想全開全自動未練製造機の変態、なお且つ客観的に自分が万人の認めるストーカーに成り下がりつつあるのが分からない腐れ阿呆め、その高い高い誇り高いプライド、ゴミみたいに意味ないから砕け散ってしまえ。猛省して誰にも迷惑を掛けることなく自己完結的にくたばればいい。

 こんな事誰にも言うてないし今までかろうじて思った事もなかったけど、何故こんな意味不明な男と付き合ってたのだろうと恥ずかしく思う。己が精神の未完成を恥じる。

 まじでくたばれ、私は本当に怒っている。