如月日記

二月に始めるから如月日記

私は友達が少ない

 私氏のかつての大親友、ややメンヘラ気味ではあるが、東京で雑に働き趣味に生き色事を楽しみ煩悩に溺れながら且つ地元に結婚用の公務員の彼氏も抜かりなく抑えてあって、さすがとしか言いようがない。

 十七,十八の頃の友達だけど、違う大学に進学し、付き合う人も違い、就職先も職種ももちろん異なり、端的に言えば “合わなく” なってきたのだなあと。

 もっと前から気付いていたけれど。